搬送システムからプラントまで-挑戦し続ける技術集団

吉野ゴム工業株式会社


HOME > 取扱商品紹介 > コンベヤシステム > Sコン

コンベヤシステム 多種多様な積載物と設置条件などに応じた"効率的に搬送するノウハウ"をご提案します

T型、K型、TC型、KC型形状図
1.傾斜角に合わせて横桟の選択が可能です。

標準タイプとして「T型」と「K型」、特殊タイプとして「TC型」「KC型」をご用意しています。傾斜角45°未満はT型を、45°以上はK型をお選びください。またTC型・KC型は、大量搬送を目的とする場合にお選びいただくタイプです。(詳しくはご相談ください)

横桟の高さが90mm以上になる場合は、補強帆布による強化構造となっています。

Sコン、一般コンベヤ比較図
2.荷こぼれ防止用のスカートが不要です。

波桟とベルト本体が一体構造になっているため、一般コンベヤのようなスカートボードは不要です。このため、スカートボードによるベルトの局部摩耗も起こりません。

搬送写真
3.形や大きさがバラバラなものでも運べます。

Sコンは横桟で“引っかけ”て運ぶ構造のため、かさ高のある大型廃棄物が搬送できます。もちろん硅砂や砂利、原塩などの乾燥した粒状物、生コンや粉炭、木材チップなど水分の多いもの、鉱石やコークス、石膏などさまざまな形状・性状の搬送物にも対応。搬送物の重量や大きさを考慮して、納入先ごとにベルトの強度設計を行っています。

設置面積比較図
効率よく、急傾斜輸送ができ、省スペース化が図れます。

高い場所への搬送であるほど、コンベヤの設置面積は傾斜角度に左右されます。Sコンは、傾斜角45°〜90°までのバラもの輸送に最適な構造を実現し、傾斜角が増すに従い、機長の短縮と設置面積の省スペース化を可能にしました。さらに、波桟を高くすることにより、積載断面積を増大させることができます。

伸縮性のある波型耳桟だから、さまざまなレイアウトが可能です。
L型、逆L型、Z型、I型レイアウト図

Sコンのベルト本体は高い横剛性を持つため、乗り継ぎすることなく、水平搬送→傾斜搬送、そして傾斜搬送→水平搬送が行えます。また小さな曲率で角度変更が可能なため、設置現場に応じたさまざまなレイアウトが可能となります。


このサイトについて

プライバシーポリシー