搬送システムからプラントまで-挑戦し続ける技術集団

吉野ゴム工業株式会社


HOME > 取扱商品紹介 > コンベヤシステム > スーパーコンベヤ

Super Conbeyor

スーパーコンベヤのベルトは、もともと円筒形に成形されています。ベルトとホースを複合することによって開発されたスーパーコンベヤは、シンプルなシステムで効果を発揮する円筒形コンベヤです。

スーパーコンベヤのベルト

スーパーコンベヤはベルトそのものが円筒形

従来型円筒形コンベヤのベルト

従来型円筒形コンベヤのベルトはフラットベルト

スーパーコンベヤの特長

シンプルなフレーム構造 ベルトを円形に矯正する工夫が要らないから

スーパーコンベヤのベルトは、もともと円筒形に成形されています。このため、複雑な機構によって無理矢理、円筒形に矯正する必要はありません。ベルトとホースを複合することによって開発されたスーパーコンベヤは、シンプルなシステムで効果を発揮する“超”円筒形コンベヤです。

高い積載効率 円形変換距離が短いから

スーパーコンベヤのベルトが円形に変換する距離はホース径の8倍。これはフラットベルトを円形に矯正するタイプの変換距離(ホース径の25倍)と比較すると、4分の1近くも短い変換距離です。フラット状態が長いと、せっかくの密閉空間を活かしきることができません。スーパーコンベヤは素早く搬送物を包み込み、積載効率の高い搬送ラインを実現します。

よりフレキシブルなレイアウト 曲率半径が従来の半分以下だから

従来型の円筒形コンベヤに比べ、フレキシブルなレイアウトが可能なこともスーパーコンベヤの特徴です。その鍵を握るのは曲率半径。左右にカーブをつけるために従来型はホース径の300倍の曲率半径を必要としますが、スーパーコンベヤは120倍で可能です。半分以下という曲率半径の差が、スーパーコンベヤのレイアウトをフレキシブルにしています。(垂直の場合の曲率半径は、従来型と同じです)


このサイトについて

プライバシーポリシー